老舗アパレル卸の破産、コロナ追い打ち
企業信用調査マンの目

2020/7/21 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

大手アパレルを得意先に婦人服卸を手掛けていたオカベアンドパートナーズ(東京・渋谷)が、6月25日に東京地裁より破産手続き開始決定を受けた。業歴40年以上を数え、バブル崩壊やリーマン・ショックによる景気悪化など幾度かの危機を乗り越えてきたのだが、新型コロナウイルス感染症の拡大が追い打ちとなって幕を下ろすことになった。

オカベ社は1977年8月の設立。創業者である代表が洋服の生地を扱う問屋に勤務して…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]