/

この記事は会員限定です

国債価格急落リスク、海外保有20%まで大丈夫?

エコノフォーカス

[有料会員限定]

「許容できない債務」と題す世界銀行のリポートが話題だ。国債は海外民間投資家の保有比率が20%を超えると価格が急落(金利は急上昇)する懸念が高まるという。日本は約9%。緊急経済対策で国債を増発しても財政拡張余地があるともいえる。日銀が国債を無制限に買うなかで国内銀行は保有を減らしており、海外依存が高まるリスクをはらむ。(高見浩輔)

「金利が上がるぞ、上がるぞと言ってオオカミ少年みたいなことをやっているわ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1343文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン