木質バイオマス、発電の効率化を検討 林野庁など

2020/7/19 19:25
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

再生可能エネルギーの利用拡大に向け、林野庁と資源エネルギー庁が木質バイオマス発電の効率的な活用法を検討する。同発電は環境負荷が小さいとされる。燃料となる木材の収集や運搬などに費用がかかる。有効活用すれば国内燃料の利用促進や地方や林業の活性化につながるとみている。

20日から「林業・木質バイオマス発電の成長産業化に向けた研究会」に森林組合や同発電の関連団体、学識経験者らを集め、枝葉…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]