セブン、全国統一の店作り転換 現場にレイアウト裁量

2020/7/18 21:25
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

コンビニエンスストア最大手のセブン―イレブン・ジャパンが店舗改革に乗り出した。効率経営の代名詞だった全国統一の店作りから、現場の裁量を生かせる方法に改める。コンビニ業界は大量出店方式が行き詰まり、市場が飽和しつつある。セブン―イレブンの1号店開業から半世紀に近づくなか、業界は大きな転換点を迎える。

セブン―イレブン板橋徳丸4丁目店(東京・板橋)で、最近、冷凍食品用ケースを1台から2台に増やした。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]