/

この記事は会員限定です

緊急事態条項に感染症明記 自民議連、改憲案の修正提言へ

下村氏ら、首相任期にらみ与野党論議喚起

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、憲法に緊急事態条項を盛り込む自民党改憲案に修正構想が浮上した。深刻な感染症の流行も緊急事態の適用対象にするものだ。下村博文選挙対策委員長が会長を務める議員連盟が提言する。与野党に改憲論議の進展を促す。

下村氏が会長の「新たな国家ビジョンを考える議員連盟」は約150人が加入している。8月下旬にも総会で提言を決定し、安倍晋三首相(党総裁)や党改憲推進本部の細田博之本...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り895文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン