新型コロナ、免疫持続は数カ月どまり 各国で研究報告

2020/7/18 21:25
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新型コロナウイルスの抗体検査は血液を採取して調べる(ポーランドの病院)=ゲッティ共同

新型コロナウイルスの抗体検査は血液を採取して調べる(ポーランドの病院)=ゲッティ共同

新型コロナウイルスに一度感染して増強された免疫の能力が、数カ月で落ちるという研究報告が相次ぐ。免疫を持つ人に証明書を発行するという考え方もあるが、実現は難しい。様々な検査を適時受けられるように体制を整え、感染を広めにくい人を示せるようにして、経済活動と感染症対策の両立を目指す必要がある。

英ロンドン大学などの研究チームは11日、65人の感染者を対象に、新型コロナウイルスを倒す体内物質「抗体」の持続期間の調査結果を公表した。体内では抗体だけでなく様々な細胞などがウイルスなどを倒す免疫として働く。抗体は感染防御で特に重要な物質だ。

調査結果はまだ他の研究者の査読を受けていないが、抗体の量は発症から約3週間でピークになり、その後減った。平均値は…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]