/

大阪・大東の中学でクラスター発生か 生徒ら8人感染

大阪府が18日、新型コロナウイルスの感染が新たに確認されたと発表した86人の中に、同府大東市の同じ中学校に通う生徒6人が含まれていたことが分かった。同校ではこれまでに生徒と教員計2人の感染が確認されており、府はクラスター(感染者集団)が発生した可能性もあるとして調査を進める。

生徒ら8人が通っていたのは大東市立四条中学校。全員が同じクラスの生徒と担任教員で、いずれも軽症や無症状という。同市教育委員会は同校を22日まで休校すると決めた。

府や大東市によると、この学校では15日に女子生徒1人の感染を確認。翌16日には、担任の30代の女性教員の感染が判明した。その後、クラス全員にPCR検査を実施し、18日に新たに6人の感染を確認した。府内の小中高校や大学では過去にクラスターが発生したケースはない。

新型肺炎

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン