京アニ放火1年 亡き友の絵本アニメに、思い引き継ぐ

2020/7/19 5:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

京都アニメーションの放火殺人事件は18日で1年を迎えた。亡くなった同社元取締役、木上(きがみ)益治さん(当時61)が約30年前に手掛けた絵本のアニメ化を目指す旧友のアニメーターがいる。木上さんは抜きんでた画力で知られ、「希代のアニメ職人がいたことを後世に伝えたい」と思いを込める。

「『木上に描けない絵はない』と業界で言われていた」。元同僚でアニメ制作会社「エクラアニマル」(東京都西東京市)のアニ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]