/

長引く避難生活に疲労の色 熊本豪雨、発生2週間

(更新)

熊本県内で65人の死亡が確認されている豪雨から18日で2週間となった。避難生活を送っている被災者らは、浸水などの被害を受けた自宅で片付けに追われ、元の生活に戻れるまで「まだ時間がかかりそうだ」と疲労の色を見せた。

熊本県人吉市の市街地に積まれた災害ごみ(18日午前)=共同

被害を受けて寸断されていた同県球磨村の内外を結ぶ国道219号が、この日仮復旧し、通行が再開された。村から通行許可証を配布された自動車や、災害ごみを搬出するトラックなどが行き交うようになった。

長靴を履き、泥に汚れた自宅前を掃除していた同村の友尻伸子さん(57)は「国道の開通で、ごみ処理が早くなってほしい」と期待を寄せた。

同県人吉市内にある避難所では、避難者が段ボールで仕切られた空間で過ごしている。球磨村から避難した伊高寛さん(70)は「体調は崩してないが、精神的に参ってしまう」と話した。

浸水した住宅には、小型のショベルカーが入り、土砂をかき出す様子も見られた。同市の田山武継さん(66)は「ごみが2週間たっても回収されない。かなり臭いがきつくなってきた」と疲れ切った表情を見せた。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン