ゴーン被告、聴取に応じず 仏当局が出頭要請と報道

2020/7/18 4:50
保存
共有
印刷
その他

【パリ=共同】18日付のフランス紙ルモンドは、自動車大手ルノーの前会長カルロス・ゴーン被告が会社資金を不正使用した疑惑を巡り、フランスの捜査当局が中東レバノンに逃亡した被告に事情聴取のための出頭を求めたのに対し、被告は応じなかったと伝えた。

日産自動車のゴーン元会長(2019年4月)

当局は今月13日に事情聴取したいとの意向を被告側に伝えたが、弁護士は日本の当局に国際手配されているため、移動すれば拘束の恐れがあると主張。文書で当局の質問に回答することを当初受け入れたが、結局応じない方針に転じたという。

弁護士はルモンドに対し、被告自身が既に召喚状を受け取り、出頭要請には応じなかったことを認める一方、被告はレバノンの司法当局に国外への渡航を禁じられていると指摘した。

フランス当局は今年2月、被告の絡む疑惑に関し、本格捜査を開始した。ルノーから中東オマーンの販売代理店への不審な支払いや、ルノーと日産自動車の企業連合統括会社が被告の個人的利益のために行った疑いのある数百万ユーロの支出に、会社資産乱用や背任などの疑いがあるとしている。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]