東京ムーブメント

フォローする

東京五輪の観客削減「シナリオの一つ」IOCバッハ会長

2020/7/18 4:18 (2020/7/18 5:28更新)
保存
共有
印刷
その他

17日、オンライン形式で開いたIOC総会に出席するバッハ会長(スイス・ローザンヌ)=ロイター

17日、オンライン形式で開いたIOC総会に出席するバッハ会長(スイス・ローザンヌ)=ロイター

【ジュネーブ=細川倫太郎】国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長は17日、2021年夏に延期になった東京五輪で観客数の削減をシナリオの一つとして検討する考えを表明した。大会のハイライトである開会式と閉会式の簡素化は適切なバランスが必要とし、過度な縮小には慎重な見方を示した。

新型コロナウイルスの影響でオンライン形式で開いたIOC総会の後、記者会見した。IOCと大会組織委員会は大会の簡素化へ200以上の項目を見直している。観客の削減については渡航制限や検疫などを考慮しながら「精査しなければいけないシナリオの一つ」と話した。ただ、できれば多くの熱狂的なファンで埋まった会場が見たいとして「(決めるのは)時期尚早」と話した。

簡素化の対象の一つとして開会式と閉会式の演出や参加人数の見直しなどの案も出ている。バッハ氏は組織委に委ねられているとした上で、開会式は「日本の文化やおもてなしを表現する機会であることを考慮しなければならない」と指摘。世界で10億人以上が視聴し、選手にとっても一生に一度の重要なイベントと強調し、組織委が「(感染防止対策との)適切なバランスを見つけてくれることを確信している」と語った。

新型コロナの感染拡大で大会運営の不安が高まるなか、IOCは東京五輪を安全に開催するために複数のシナリオを検討している。しかし、バッハ氏は今は解決策はなく、「詳細についてはまだ答えることができない」と言及を避けた。日本で五輪開催に賛成しない意見が増えていることも問われ、バッハ氏は東京都知事選挙で、五輪開催を推進する小池百合子知事が圧勝したことを指摘。大会の中止や延期を訴えた候補者への支持は少なく、「日本国民の(開催したいという)明確なサインだ」と話した。

17日の総会では組織委がプレゼンテーションし、競技日程や会場を維持することを報告。21年7月23日に開幕し、8月8日の閉会式まで史上最多33競技339種目を行う。安全で安心な大会を目指すと強調し、プレゼン後にバッハ氏は「本当に感銘を受け、(大会の成功に向け)我々に自信を与えた」と評価した。新型コロナの感染対策などIOC委員から組織委への質問は出なかった。

また、総会では、世界陸連のセバスチャン・コー会長(英国)ら5人を新しいIOC委員に選出した。東京五輪の準備状況を監督する調整委員会の委員長を務めるジョン・コーツ氏(オーストラリア)は副会長に選ばれた。バッハ氏は21年の会長選挙に立候補する意向を表明し、2期目の続投に意欲を示した。

東京ムーブメントをMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

五輪関連コラム

パラリンピック関連コラム

電子版トップスポーツトップ

東京ムーブメント 一覧

フォローする
晴海BRTターミナルを発着するバス。大量輸送のため、2車体をつないだ連節バスを導入した(写真:日経クロステック)


 東京都は都心と臨海部を結ぶバス高速輸送システム「東京BRT」の運行を10月1日から始めた。当初は5月24日に運行を始める予定だったが、新型コロナウイルス感染拡大を受け延期していた。10月から始まった …続き (10/15)

新型コロナウイルス対策などの支出増で、五輪予算の見直しは追加負担の分担が焦点となる(国立競技場)

 東京五輪・パラリンピックの簡素化に伴うコスト削減額が約300億円で固まったことを受け、今後は年末に向け新たな大会予算の策定作業が本格化する。新型コロナウイルス対策などの支出増で、1兆3500億円の当 …続き (10/13)

 「プライドハウス東京レガシー」について説明する運営団体の松中権代表(左から2人目)ら(11日、東京都内)=共同共同

 来夏の東京五輪・パラリンピックに向け、性的少数者の情報発信拠点「プライドハウス東京レガシー」が11日、東京都内に開所した。運営団体によると、相談事業や資料収集、啓発イベントの実施など、性的少数者に関 …続き (10/11)

ハイライト・スポーツ

[PR]