転職阻む「勤続20年の壁」 退職金優遇、今なお誘惑
働き方innovation 正社員って何だろう(8)

働き方改革
コラム(経済・金融)
2020/7/20 5:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

正社員として同じ企業に20年を超えて勤めれば、退職一時金をもらう際に税制上、優遇される――。そんな終身雇用を前提とした税制がいまなお残っている。経験豊富な中堅やベテランをひとつの会社にしがみつかせる誘因になってしまうと、人材の流動化を促せない。政府・与党も自由な働き方を広めようと「20年の壁」にメスを入れる構えをみせる。

「好きな仕事をしているので転職したことに後悔はない。でも、それで退職金額が…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]