/

この記事は会員限定です

米中トップ、企業に踏み絵 乱世に揺らぐ「沈黙は金」

編集委員 小柳建彦

[有料会員限定]

企業が政治社会問題についての議論を避けて経済活動に徹する、いわゆる「沈黙は金」を貫くのが難しくなる場面が増えている。

たとえば米トランプ大統領による事実無根の流言や暴力を肯定するかのような発言の扱いを巡って、米SNS(交流サイト)の姿勢が世論を分けている。

米ツイッターは5月以降、複数の大統領ツイートの下に「(利用規約が禁じる)暴力の美化にあたります」「事実を確認しましょう」などの警告メッセージを...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1032文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン