/

骨太、財政健全化に触れず「残念」 同友会代表

経済同友会の桜田謙悟代表幹事は17日、政府が経済財政運営の基本方針(骨太の方針)を決めたことに対して「中長期の経済財政運営方針が示されなかったことは残念」とするコメントを出した。「国民に対し財政の現状に十分な説明を尽くし、社会保障費の負担構造の抜本的見直しについて踏み込んだ議論を求める」という。

日本商工会議所の三村明夫会頭も同日にコメントを出し、「財政規律を緩めることなく歳出改革に着実に取り組んでいただきたい」と訴えた。経団連の中西宏明会長は「政府にはこの1年の集中改革期間に、掲げた施策を速やかに実行し、思い切った変革をなし遂げていただきたい」と求めた。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン