佐賀銀行、ウェブ商談会初開催 食品事業者ら支援

2020/7/17 19:49
保存
共有
印刷
その他

佐賀銀行は29日、地域の食品製造業者らが首都圏などの仕入れ業者(バイヤー)に地産品を売り込む「食のWEB商談会」を開催する。新型コロナウイルスの影響で対面での取引がしづらくなっていることに対応、ビデオ会議システム「Zoom」を使った商談会を初めて企画した。

佐賀銀行本店(佐賀市)

有明海のノリや県産米などを扱う佐賀県のほか、福岡、長崎両県を含む24の事業者や農家から参加申し込みがあった。バイヤーは特産品のオンラインショップを運営するJTB商事(東京・中野)と、駅構内などで物販店を展開するJR九州リテール(福岡市)が参加する。29日は売りこみ側が佐賀市内の会場からZoomを使い1社30分程度、バイヤーと商談する。

企画した同行営業支援部の担当者は「コロナで食品業者や農家の販路が細くなっている。ネットショップなど盛況な市場とつなげられるよう、今後も継続してウェブ商談会を開きたい」としている。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]