大塚製薬が進める予防と治療の二刀流、その極意は

2020/7/20 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

病気になってから薬で治すことに加え、予防にも力を入れる考え方が国内製薬会社の間で広がっている。この流れを先取りしてきたのが大塚製薬だ。3月にはポカリスエットなどの健康食品で構成するニュートラシューティカル(NC)関連事業を指揮してきた井上真氏が社長に就任した。医薬品とNCを両輪に、成長の加速を目指す。

■精神疾患の薬から化粧品まで

大塚製薬は国内製薬会社で売上高2位の大塚ホールディングス(HD)の…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]