/

この記事は会員限定です

エヌビディアがインテルの時価総額を抜いたのはなぜ?

教えて山本さん!BizTechの基礎講座

[有料会員限定]

企業価値が新型コロナウイルスの感染拡大で大きく変わっています。株価は水物なので必ずしも企業価値そのものを表すわけではありませんが、株価がどう変わったかを見ることは、新しい世界観を考えるきっかけになります。

平成元年(1989年)と令和元年(2019年)を比べると、世界の時価総額上位企業は総入れ替えになりました。「データは次の石油である」というテーマに対応できているかどうかが、時価総額を左右する大きな要...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3539文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン