伊藤忠、社員半数を在宅に 原則出社を転換

2020/7/17 19:11 (2020/7/18 5:28更新)
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

伊藤忠商事は17日、週明けの20日から国内で働く社員約3000人のうち半数を在宅勤務に切り替えることを決めた。同社は緊急事態宣言の解除後、徐々に在宅から出社に切り替え、特別な事情がない限りは原則出社としていた。新型コロナウイルスの感染者数が再び急増している現状を踏まえて、感染防止を優先する。

対象となるのは国内の本社や支社、支店で働く社員。輪番で在宅勤務に入る。社員の健康管理では東京女子医科大学…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]