/

この記事は会員限定です

伊藤忠、社員半数を在宅に 原則出社を転換

(更新) [有料会員限定]

伊藤忠商事は17日、週明けの20日から国内で働く社員約3000人のうち半数を在宅勤務に切り替えることを決めた。同社は緊急事態宣言の解除後、徐々に在宅から出社に切り替え、特別な事情がない限りは原則出社としていた。新型コロナウイルスの感染者数が再び急増している現状を踏まえて、感染防止を優先する。

対象となるのは国内の本社や支社、支店で働く社員。輪番で在宅勤務に入る。社員の健康管理では東京女子医科大学...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り436文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン