/

この記事は会員限定です

三菱重工など重工各社、石炭火力の休廃止方針で打撃

[有料会員限定]

経済産業省が示した2030年度までに低効率の石炭火力発電所の9割を休廃止する方針が、三菱重工業など重工大手のリスク要因になりつつある。休廃止候補となる設備の多くを供給してきたからだ。火力発電設備の新設受注は大半が天然ガスを使う高効率型だが、既存の石炭火力設備も保守で堅実に稼げる事業だった。「石炭火力ショック」の影響を追った。

「廃止の基準を示してもらわないと、身動きの取りようがない」。経産省が方針を公表する...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1611文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン