/

この記事は会員限定です

[社説]総花的で言いっ放しの骨太なら要らぬ

[有料会員限定]

政府が2020年度の経済財政運営と改革の基本方針(骨太の方針)を閣議決定した。新型コロナウイルスの感染防止と正常な経済社会活動との両立をうたい、デジタル化の加速や医療体制の拡充などに取り組む方針を示した。

コロナ禍の下で生活や仕事、教育などの「新たな日常」を定着させるのは重要だ。しかし各省庁に配慮して総花的な施策を並べ立てたり、言いっ放しのまま放置したりするのでは、わざわざ骨太の方針をまとめる意...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り740文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン