/

この記事は会員限定です

国産小豆卸値が下落 コロナで和菓子などの需要減

[有料会員限定]

あんこの原料となる国産小豆の価格が下落した。指標となる北海道産の東京・流通(問屋仲間)価格は現在、30キログラムあたり1万7200円前後。6月に比べ7%下がり、1年8カ月ぶりの安値となった。新型コロナウイルスで手土産などに使われる和菓子の需要が減少したほか、2018年産の高値で一部の食品メーカーが海外産に切り替えたことも影響した。

北海道産で5~6割のシェアを持つホクレン農業協同組合連合会(札幌...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り281文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン