/

金沢大生が新型コロナ感染 石川県で25日ぶり確認

石川県は17日、金沢市在住の20歳代男性が新型コロナウイルスに感染したと発表した。金沢大学の学生で、11~12日に東京都へ帰省していた。同県での新規感染者の確認は25日ぶり。金沢大によると、学生は13~15日に金沢大学付属病院で臨床実習を受けた。16日に悪寒を訴え、PCR検査で陽性が判明した。

男子学生と接触した可能性があるのは、大学職員や病院の入院患者ら23人。うち職員7人は16日から自宅待機している。金沢大は16日にキャンパスや病棟を消毒した。

新型肺炎

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン