/

日本芸術院長に高階氏 美術評論家

文化庁は17日、9月30日に任期満了で退任する日本芸術院の黒井千次院長(88)の後任に、美術評論家の高階秀爾氏(88)が会員投票で選出されたと発表した。文部科学相が10月1日付で任命する。任期は3年。

高階氏は東京都生まれ。国立西洋美術館長などを歴任し、現在は岡山県倉敷市の大原美術館の館長を務める。2012年には文化勲章も受章した。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン