富士フイルム、クウェートでアビガンの大規模治験

2020/7/18 1:30 (2020/7/18 5:04更新)
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

富士フイルムホールディングスなどは、新型コロナウイルスの治療薬として承認を目指す「アビガン」の臨床試験(治験)を月内にもクウェートで始める。最大1千人程度の参加者を集める大規模な治験で、新型コロナ薬としての効果や副作用を確かめる。有効なデータが得られれば日本での承認申請に利用することも検討。国産の治療薬としての量産を急ぐ。

アビガンは新型インフルエンザの治療薬として国内で承認されている。政府は当…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]