ラグビー

スーパーラグビー 今年で終了へ

2020/7/17 17:35
保存
共有
印刷
その他

南半球最高峰リーグのスーパーラグビー(SR)が今年で終了する見通しになった。主要な参加国ニュージーランド(NZ)のラグビー協会が17日、同国のSRチームによる新大会を来年設立すると発表。オーストラリアのチームも合流の可能性が高い。近年のSRは財務的に苦しんでいたほか、新型コロナウイルスで多くの大陸のチームによる大会を開くことがより難しくなっていた。

SRは1996年にNZ、豪州、南アフリカの12チームで誕生。アルゼンチンも加入し、一時は18チームまで拡大した。日本のサンウルブズも2016年に参戦。代表組を擁して戦ったが、大会縮小に伴い今年限りでの除外が決まっていた。

新大会はSRのNZ勢に加え、豪州勢やフィジーなど南太平洋諸国の加入も呼び掛ける。日本ラグビー協会が22年1月に創設する新リーグと日程が重なるため、日本のチームは不参加の見通し。NZの新大会と、日本の新リーグの上位陣などによるプレーオフの案が浮上している一方、国際統括団体ワールドラグビーはクラブワールドカップの創設を模索している。

保存
共有
印刷
その他

ラグビーのコラム

電子版トップスポーツトップ

ラグビー 一覧

 日本ラグビー協会は21日、日本代表が来年6月26日に英国のエディンバラで全英代表ライオンズと対戦すると発表した。伝統あるライオンズはイングランド、ウェールズ、スコットランド、アイルランドの選抜チーム …続き (17:31)

 ラグビーの世界最高峰リーグ、スーパーラグビーのハイランダーズ(ニュージーランド)は20日、昨年のワールドカップ(W杯)でコーチとして日本代表の8強入りに貢献したトニー・ブラウン・コーチが監督に昇格す …続き (20日 12:20)

 ラグビーの国際統括団体ワールドラグビーは19日、来年9~10月に開催する15人制の女子ワールドカップ(W杯)ニュージーランド大会の1次リーグ組み合わせ抽選会を、11月20日にオークランドで行うと発表 …続き (20日 10:19)

ハイライト・スポーツ

[PR]