/

神奈川県逗子市、総合的病院の誘致 4度目の断念

神奈川県逗子市は17日、2022年度の開設を目指していた総合的病院の誘致を断念すると発表した。16年に公募して選定した医療法人社団葵会と計画を進めてきたが、必要な病床数を確保するメドがたたず開設が困難になったという。同市への総合的病院の進出辞退や計画の断念は4回目となる。

同市と葵会が15日、誘致の断念で合意した。公募条件の病床数は200床だったが、葵会に配分された病床数は109床。急性期の病床数は最低限必要としていた45床に対して24床にとどまり、計画どおりの開業が難しくなったことが要因という。

桐ケ谷覚市長は17日に記者会見を開き、「まず市民にこの状況を説明したい」と述べ、新たな誘致方針の策定などを目指す方針を示した。逗子市では01年に湘南病院が進出を辞退。05年に国家公務員共済組合連合会、09年には聖テレジア会が同市での病院計画を断念した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン