伊藤忠、Amazonと戦えるか ファミマ起点に新商圏
ビッグBiz解剖(上)

2020/7/20 11:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

かつて総合商社で4位が定位置だった伊藤忠商事。岡藤正広会長CEO(最高経営責任者)の社長就任から10年がたった今年6月、時価総額と株価で三菱商事を抜き業界首位に立った。5000億円超を投じてファミリーマートも取り込むなど、グループや出資先が持つ顧客データやデジタル技術を結集。新たな商社像確立へ動き出した。

「お互いが譲らない真剣勝負だった」(ファミマ幹部)。完全子会社化を巡り半年間続いた伊藤忠と…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]