回転ずしのテークアウト麺、「巣ごもり飯」に一石

消費を斬る
日経MJ
2020/7/21 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

「麺が伸びる」「スープがこぼれる」といった理由で、持ち帰りにハードルのあった麺類の店外提供に風穴が開きそうだ。一石を投じているのが回転ずし大手のくら寿司だ。温めるとゼラチン状から液状になるだしを開発。巣ごもりによるテークアウト需要増を見据え、持ち帰りにも配慮した商品で、巣ごもりでもおいしく麺類を楽しんでもらうことで需要喚起を狙う。

「ラーメンを持ち帰りたくても、丼物の持ち帰りしかできない」。コロ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]