ポスト・コロナ時代の大学経営(8) 財務の持続可能性と安定性
鎌倉女子大学教授 山本清

やさしい経済学
2020/7/20 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

大学の使命は教育研究であり、利益が目的ではありません。しかし、教育や研究の成果が表れるには長い期間が必要です。そのため持続的な活動に必要な財務的資源を調達し、管理しなければなりません。

高等教育の費用は、教育研究の対象分野や方法の高度化に伴い高騰しています。また、少人数の講義には多くの教員を必要とします。エネルギー消費節減、事務の生産性向上といった経費管理と同時に、必要な資金をどこから、どのよう…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]