/

LINE、タイ製作ドラマをネットフリックスに提供

【バンコク=岸本まりみ】LINEは16日、タイで製作したオリジナルドラマを米動画配信大手ネットフリックスに提供すると発表した。東南アジアや香港、台湾、韓国などアジアを中心に18カ国・地域で配信する。世界的な動画大手と組むことで、タイドラマの認知度をアジアで広げる。

LINEがタイで展開する無料動画サイト「LINE TV」で配信している8作品を提供する。配信地域に日本は含まれていない。

LINEタイ法人でチーフ・コンテンツ・ビジネス・オフィサーを務めるカノープ・スパマーノープ氏は「タイのクリエイターとプロデューサーが持続的に成長できるようにする」と狙いを説明した。

ネットフリックスは現地制作のコンテンツに力を入れるなど、アジアの利用者をにらんだ現地化を急いでいる。担当者は「タイのポップカルチャーなど幅広いコンテンツをより多くのアジアの視聴者に紹介できることをうれしく思う」とした。

LINEはタイで独自のドラマやバラエティー製作に力を入れており、月に1本以上のペースで「LINE TV」に独自作品を配信している。同サイトの利用者は19年に4千万人を超えており、1日の平均利用時間は2時間56分にのぼる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン