/

この記事は会員限定です

在宅勤務を成果型へ 時間管理制度どう選ぶ

[有料会員限定]

新型コロナウイルスとの共存に向けて在宅勤務を進める企業にとって、労働基準法が認めるどの時間管理制度を採用するのかが課題になっている。成果型の要素を強めるため軸となるのがコアタイムなしの「フルフレックス制」と、社員の自律性を重んじる「事業場外みなし労働時間制」だ。それぞれ一長一短があり、企業はコロナ後を見据えて制度を選ぶ必要がある。(シニアライター 礒哲司)

「在宅勤務のテストをしておい...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2366文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン