/

この記事は会員限定です

遺産相続の手続き 協議書「誰が何をどれだけ」明確に

[有料会員限定]
Q 母が亡くなりました。法定相続人は私と弟の2人です。遺産は小さな自宅と預貯金などで評価額は約3000万円。相続税はかからず、申告の必要はないと思いますが、ほかにすべきことはありますか。

A  相続が発生すると、まず法定相続人を特定し、故人がどのくらいの財産を持っていたかを調べます。対象は土地や家屋といった不動産のほか、預貯金や有価証券といった金融資産など。さらに借金などの債務も確認します。

不動産...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り897文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン