/

養殖マダイ、給食に ナカフードサービス

事業所向け弁当のナカフードサービス(松山市)は、新型コロナウイルスの影響による出荷減に苦しむ養殖業者を支援しようと、愛媛県産マダイを使った給食の提供を始めた。松山市内の幼稚園や企業向け宅配弁当などに、合計600キログラム以上のマダイを使用。鯛(たい)めしや切り身の揚げ物を提供する。

愛媛産の養殖マダイを使った弁当

ナカフードサービスによると、愛媛県は養殖マダイの生産量で全国トップだが、首都圏など飲食店向けの出荷が激減している。普段は給食の食材に使わないマダイを、地元の子どもらに食べてもらうことで、地産地消を後押しする。中周作社長は「給食をきっかけに家庭での消費増加にもつながれば」と話している。

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン