「健康経営」で企業を評価 コロナ下、選別の目安に
日本電産・永守会長も重視 レオス藤野氏が注目

橋本 隆祐
編集委員
増やす
2020/7/18 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

従業員の健康維持・増進に配慮した経営をしているか。こうした観点から企業を評価する動きが広がっている。自社の従業員がいきいきと働いてこそ、持続的な成長につながるとの考えからだ。健康を支援する関連産業の市場拡大も見込まれる。コロナ禍が続くなかで「健康」が株式市場のテーマになりそうだ。

■社員の健康は「経営の重要な源泉」

ハードに働くイメージが強かった日本電産が6月29日、「健康宣言」を発表、社員の健康…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]