稲田検事総長が「政治と一定の距離必要」 退任会見

社会・くらし
2020/7/17 15:41
保存
共有
印刷
その他

検事総長を17日付で退任の稲田伸夫氏(63)は同日、記者会見を開き、黒川弘務・元東京高検検事長の勤務延長や廃案となった検察庁法改正案などについて「検察は厳正公平、不偏不党を旨として、職務をおこなうことが基本。政治とは一定の距離感を持つことが必要だ」と話した。

黒川元検事長が賭けマージャン問題で辞職したことについては「大変遺憾なことで、申し訳ない」と陳謝した。稲田氏が記者会見で一連の問題について言…

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]