/

この記事は会員限定です

長野県内で広がる環境保全活動、経済活性化にも一役

信越トピックス

[有料会員限定]

7月からのレジ袋の有料化を機に長野県内の企業などで環境保全活動が広がっている。企業が高校で国連の持続可能な開発目標(SDGs)を学ぶ授業を実施したほか、地元商店ではエコバッグで買い物をした人に商品券が当たる取り組みも。環境活動がコロナ禍で苦しむ事業者支援になる例もあり、地域経済活性化につながっている。

7月上旬、千曲市の長野県屋代南高校。美術専攻の生徒を対象に「地域をつなげる! エコバッグから始め...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1133文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン