/

この記事は会員限定です

「答えなき市場」に挑む 店舗の接客、アプリで再現

アパレルの非常識(3)

(更新) [有料会員限定]

アパレル業界の目下最大の悩みの一つが、主力販路である店舗への来客が減っていることだ。その傾向に新型コロナウイルス禍が拍車をかける。顧客との貴重な接点が、固定費のかかるだけの重荷にもなりかねない。多くの店を構える大手ほど悩ましい。

かといって、インターネット販売にかじを切るのも難しい。千差万別の好みがある服という商品の売り買いは、きめ細かな接客が可能な実店舗の優位性がなお残る。

ネットで服を買う場合...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1446文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

アパレルの非常識

バブル崩壊以降の構造不況に新型コロナウイルス禍が重なり、苦境が深まるアパレル業界。国内外の大手ブランドの不振を尻目に、異分野出身の若い経営者が存在感を増している。固定観念にとらわれない柔らかな発想とチャレンジ精神が新たな市場を開拓する原動力だ。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン