酒類輸入の徳岡、ボージョレ・ヌーボー陸路で輸送

2020/7/17 14:38
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

酒類の卸・小売りや輸入を手掛ける徳岡(大阪市)は、フランス産ワインの新酒「ボージョレ・ヌーボー」を鉄道など陸路を使って輸送する。空路より輸送コストを約3分の1に下げられ、価格引き下げにもつながるという。新型コロナウイルスの影響で出荷日が繰り上げられ、陸路輸送が可能になった。

仏ボージョレ地方からドイツに車で運んだ後、ドイツから中国まで約1万キロを貨物列車で輸送する。車で上海まで運んだ後、海路で東…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]