/

この記事は会員限定です

「好き」は無敵 脚本家 木皿泉

[有料会員限定]

テレビでやっていたヤクザ映画「緋牡丹博徒(ひぼたんばくと)」のラストシーンにしびれた。高倉健が、藤純子(富司純子)扮(ふん)するお竜の代わりに舎弟を刺し、その恨みをはらす。返り討ちにあって虫の息の健さんを抱くお竜が「私のために」と涙で言葉を詰まらせると、健さんが「いや、俺のためだ」と言ってこと切れる。この「俺のためだ」がとてもいいのだ。

ドラマを観(み)てない人に、何だよそれと言われそうだが、ここ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1614文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン