奈良市や和歌山県、ウェブで移住相談 首都圏の若者呼ぶ

2020/7/17 16:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新型コロナウイルス感染拡大を機に地方移住への関心が高まるなか、関西の自治体が移住受け入れに力を入れる。奈良市や和歌山県は移住希望者を対象にオンライン相談窓口を開設した。感染の終息が見通せない首都圏を中心に若い世代の問い合わせが増えている。

奈良市は6月、ウェブ会議システムの「Teams(チームズ)」を使い「オンライン移住相談窓口」を開設した。市秘書広報課の職員4人が交代で対応。これまで首都圏の3…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]