/

この記事は会員限定です

[FT]米国の医師がコロナ感染者をうつ伏せにする理由

[有料会員限定]
Financial Times

米南部のテキサス大学サンアントニオ校付属病院。低酸素症の症状を示す新型コロナウイルス感染者が運ばれてくると、すぐにベッドでくるりとうつ伏せに寝かされる。

「プローニング(腹臥位の姿勢を取ること)」と呼ばれる補助療法で、患者の生存率を高める効果があると同病院救急診療部のオワイス・ドゥラーニ医師(内科研修医)は説明する。「奇跡を起こす方法」だという。

米国で新型コロナ感染の急拡大が始まった3月、入院患...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2718文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスによる肺炎が中国から世界に拡大しています。関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン