/

この記事は会員限定です

浜松の木材事業者が情報共有 国産材の復興目指す

[有料会員限定]

浜松市北部で産出される杉・ヒノキなど天竜材の事業者が国産材の流通を増やす取り組みを始めた。製材、流通、工務店などサプライチェーン(供給網)が情報を共有、伐採の計画を立てやすくする。製材過程で余った木材の高付加価値化も目指す。連携モデルとして全国に広め国産材の復興につなげる狙い。

「今は天候の影響で切りづらいが表に記載の分は納材できる」。静岡県森林組合連合会のメンバーが現場の状況を報告する。7月上旬...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り975文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン