浜松の木材事業者が情報共有 国産材の復興目指す

静岡
2020/7/17 19:43
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

浜松市北部で産出される杉・ヒノキなど天竜材の事業者が国産材の流通を増やす取り組みを始めた。製材、流通、工務店などサプライチェーン(供給網)が情報を共有、伐採の計画を立てやすくする。製材過程で余った木材の高付加価値化も目指す。連携モデルとして全国に広め国産材の復興につなげる狙い。

「今は天候の影響で切りづらいが表に記載の分は納材できる」。静岡県森林組合連合会のメンバーが現場の状況を報告する。7月上…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]