/

この記事は会員限定です

パート労働者、幅広く厚生年金の対象に

企業法務 変わる制度(1)

[有料会員限定]

少子高齢化や人手不足が進むなか、高齢者や女性などの多様な働き方が広がる現状に年金制度を対応させるため、年金改革法が5月に成立した。働く高齢者の年金を減りにくくし、パートタイム労働者らへの厚生年金などの適用を拡大する。ただ、短時間労働者を雇用する企業にとっては負担が重くなるため、準備が必要だ。

改正は多岐にわたるが最大のポイントが厚生年金と健康保険の適用拡大。週20時間以上30時間未満の短時間労働者...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り609文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン