悟りとはなにか 仏教学者 佐々木閑

エッセー
2020/8/7 14:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

仏教ではよく、「悟りを開く」という言葉を耳にする。この「悟り」という不思議な現象、それまでのモヤモヤした心持ちが、なにかのきっかけで「オッ」となり「ハッ」となって、すべてが見通せる天界の境地に一瞬で到達する、そういったものだと思われがちである。水が100度で突如水蒸気になるように、ある一点を境にして、人の精神状態が相転移するというイメージだろう。実際そんなふうに劇的に悟りを開いた人の逸話がいろい…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]