/

日経平均続落、終値73円安 コロナ新規感染者増を嫌気

(更新)

17日の東京株式市場で日経平均株価は続落し、前日比73円94銭(0.32%)安の2万2696円42銭で終えた。国内や米国で新型コロナウイルスの感染拡大が勢いを増しており、投資家が運用リスクを避ける姿勢を強めた。鉄鋼株や海運株など景気敏感株を中心に売りが出て、下げ幅は一時100円を超えた。

東京都で確認された新型コロナウイルスの新規感染者が17日、293人と過去最多になったと午後に伝わり、日経平均は下げ幅を広げた。政府が来週から予定する国内旅行の需要喚起策も感染を助長するとして懸念が強い。米国でも16日の新型コロナの新規感染者数が7万人を超え、過去最多を更新した。

朝方はワクチン開発期待から買いが先行しており、午後も下値では押し目買いがみられた。米製薬大手のジョンソン・エンド・ジョンソンが16日、新型コロナのワクチン開発を前倒しし、9月中にも最終段階の臨床試験(治験)を始めると発表していた。

JPX日経インデックス400は続落。終値は前日比46.95ポイント(0.33%)安の1万4192だった。東証株価指数(TOPIX)も続落し、5.21ポイント(0.33%)安の1573.85で終えた。

東証1部の売買代金は概算で1兆8023億円。売買高は9億9971万株だった。東証1部の値下がり銘柄数は1272と、全体の約6割を占めた。値上がりは827銘柄、変わらずは72銘柄だった。

日本製鉄やJFEの鉄鋼株、郵船商船三井の海運株が売られた。Jフロント三越伊勢丹JALANAHDなど消費や観光に関連する株も下げが目立った。一方でアドテストスクリンなど半導体関連株の一角が買われた。東ガス東電HDも高い。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン