Netflixの4~6月、25%増収 コロナで会員1000万人増

2020/7/17 6:08 (2020/7/17 8:01更新)
保存
共有
印刷
その他

ネットフリックスは4~6月期も売上高・純利益ともに過去最高を更新した(写真はカリフォルニア州の本社)

ネットフリックスは4~6月期も売上高・純利益ともに過去最高を更新した(写真はカリフォルニア州の本社)

【シリコンバレー=佐藤浩実】米ネットフリックスが16日発表した2020年4~6月期の売上高は前年同期比25%増の61億4828万ドル(約6600億円)だった。純利益は前年同期比2.7倍の7億2019万ドルで、いずれも過去最高。新型コロナウイルス対策で多くの人が家で過ごしたため、3月末と比べて有料会員数を1009万人(6%)伸ばした。

売上高は四半期ベースで初めて60億ドルを上回り、6月末時点の有料会員数は1億9295万人に達した。3カ月間で1577万人増えた前の四半期ほどではないものの、4~6月期も会社予想(750万人)を上回る数の新規会員を獲得した。

地域別では平均単価が13ドルと高い米国・カナダの会員が294万人増え、7290万人となった。欧州・中東・アフリカ(EMEA)は275万人の増加。日本を含むアジア・太平洋(APAC)の会員は266万人増えて、2249万人となった。5~6月に外出制限を緩めた地域もあるが、解約の動きは目立っていない。

一方、7~9月期の会員の純増数は250万人にとどまる見通し。世界各国で経済活動が再開するなか「会員数の伸びは鈍化する」(ネットフリックス)。

作品制作へのコロナ影響に関しては、競合に対するネットフリックスの優位性を示した。同社はドラマなどを全話まとめて公開するため、20年の配信作品の多くをコロナ前に撮影済みだったという。4~6月期も若者向けのドラマ「アウターバンクス」や、米富豪ジェフリー・エプスタイン氏の性犯罪を検証するドキュメンタリー番組などを公開した。

米調査会社の調べでは、4~6月のネットフリックスの独自作品のエピソード数は次点のアマゾン・ドット・コムの約4倍だったという。現在も韓国や日本などで撮影を続けており「ネットフリックスのように世界展開する企業だけが独自作品を加えられる」とメディア業界に詳しいマイケル・ネイサンソン氏は指摘した。

最大市場の米国をはじめ、コロナ感染の再拡大で再び行動制限をかける地域は少なくない。映画館や劇場などの休業は続き、娯楽費を動画配信サービスに振り向ける動きは当面続く見込みだ。ネットフリックスは7~9月期の売上高が前年同期比21%増の63億2700万ドル、純利益は43%増の9億5400万ドルになると予想する。

ネットフリックスの共同CEOに就任するサランドス氏=ロイター

ネットフリックスの共同CEOに就任するサランドス氏=ロイター

ネットフリックスは同日、最高コンテンツ責任者のテッド・サランドス氏が共同の最高経営責任者(CEO)となる人事も発表した。サランドス氏は会見で「世界にいる次の2億人の会員のために(ネットフリックスという)列車を走らせ続ける」と強調。創業者のリード・ヘイスティングス共同CEOは「2人ともフルタイムで働く。この先10年の成長を加速させる」と述べた。

決算発表で示した7~9月期の業績予想が弱含んだため、同社の株価は16日の米市場の時間外取引で終値を大幅に下回る水準で推移している。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]