/

NYダウ5日ぶり反落、135ドル安 雇用回復の鈍化懸念

(更新)

【NQNニューヨーク=横内理恵】16日の米株式市場でダウ工業株30種平均は5営業日ぶりに反落し、前日比135ドル39セント(0.5%)安の2万6734ドル71セントで終えた。米雇用の回復鈍化を示唆する経済指標を手掛かりとした売りが優勢だった。米中対立が激化するとの懸念も投資家心理を冷やした。

朝方発表の週間の米新規失業保険申請件数が11日までの1週間で130万件だった。131万件だった前の週からほとんど変わらず、市場予想(125万件)ほど減らなかった。米国では新型コロナウイルスの新規感染者数が6万人を超える過去最多の水準で推移している。感染が深刻な西部や南部の州は経済活動の再開を見直し、行動規制を強めている。雇用回復の鈍化で米経済の改善も遅れるの懸念が広がった。

16日の中国株式相場が大幅に下落したことも市場心理を冷やした。6月の同国の小売売上高が市場予想に反して減少し、景気の戻りが鈍いとの見方を誘った。トランプ米政権が8月から中国通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)の締め出しを強化することが明らかになった。16日にはバー司法長官が米ハイテク大手経営者の中国共産党への姿勢が前向きと批判した伝わった。米中関係が悪化するとの懸念も相場の重荷だった。

ダウ平均は下げ幅を一時、280ドルまで広げた。もっとも、新型コロナのワクチン開発が進展するとの期待が投資家心理を支え、押し目買いも入った。

アナリストが投資判断を引き下げた航空機のボーイングが大幅安だった。新型コロナの影響が相対的に小さいとして足元まで上昇が続いていたソフトウエアのマイクロソフトとスマートフォンのアップルには売りが出た。一方、日用品のジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)は上昇した。16日の決算説明会で来週から新型コロナワクチンの臨床試験を始めることを発表。同時に米国立衛生研究所(NIH)と9月に大規模な治験を開始することを協議していることも明らかにした。

ハイテク株比率が高いナスダック総合株価指数は3日ぶりに反落し、同76.66ポイント(0.7%)安の1万0473.83で終えた。クアルコムやエヌビディアなど半導体株の一角で下げが目立った。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン