熊本で時事通信社員が感染 豪雨取材の30代カメラマン

2020/7/16 23:05 (2020/7/17 0:07更新)
保存
共有
印刷
その他

熊本県は16日、神奈川県に住む30代の報道関係者男性1人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。時事通信社は、男性が本社(東京)の編集局映像センター写真部所属のカメラマンで、豪雨被害を取材していたと明らかにした。熊本県内での感染確認は累計で49人となった。

時事通信社は、男性が「取材中はマスクを常時着用し、基本的には距離を取って撮影していた」と説明している。

熊本県によると、この男性は今月13日に航空便で熊本空港に入って主にレンタカーで移動し、15日にかけて同県人吉市や八代市で取材活動をしていた。16日朝に37.4度の熱があり、頭痛と軽い喉の痛みの症状もあった。

県は男性が「屋外での撮影が大半で、避難所には入っていない」と説明し、現時点で被災者への接触を確認していないと明らかにした。濃厚接触者として、同僚1人とタクシー運転手1人が含まれた。

県は、被災地で活動する報道関係者に対し、健康管理と感染防止策の徹底を求めた。取材活動の自粛を求める考えはないとしている。

時事通信社社長室は「出張に当たり健康管理を徹底しているが、このような状況になり、誠に遺憾だ。当局の指導を受けながら感染拡大防止に努める」とコメントした。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]