神戸ルミナリエ中止へ コロナで開催困難

兵庫
2020/7/16 20:18
保存
共有
印刷
その他

今年の開催を中止する方針が固まった「神戸ルミナリエ」(2019年12月、神戸市中央区)

今年の開催を中止する方針が固まった「神戸ルミナリエ」(2019年12月、神戸市中央区)

1995年の阪神大震災の犠牲者を追悼するため毎年12月に神戸市で開かれる光の祭典「神戸ルミナリエ」の組織委員会は16日までに、今年の開催を中止する方針を固めた。新型コロナウイルス流行で、電球や飾りの調達が困難になったとしている。中止となるのは95年の開始以来初めて。

兵庫県や神戸市などで構成する組織委の関係者によると、夜空に浮かび上がる電飾はイタリアから輸入し、飾り付けも同国の職人に依頼しており、ウイルスの影響で来日が困難になった。昨年は10日間で約347万人が訪れ、感染リスクが高いことも考慮した。

井戸敏三兵庫県知事は16日の記者会見で「何らかの代替事業の開催を検討したい」と話した。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]