/

この記事は会員限定です

農場を救った観光業界 コロナで外国人実習生来ず

編集委員 吉田忠則

[有料会員限定]

農業は恒常的に人手不足に悩まされているが、新型コロナウイルスによる混乱がそれに追い打ちをかけた。現場の作業を支えている外国人技能実習生の一部が、日本に来ることができなくなったのだ。

労働力の多くを技能実習生に頼っている産地は、突如浮上したこの難題にどう対処したのか。レタスやキャベツなどの高原野菜で有名な佐久浅間農業協同組合(JA佐久浅間、長野県佐久市)を取材した。

エリア内の農家が受け入れを予定し...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1556文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

食の進化論

農政から先進農家、スマート農業、植物工場、さらにカリスマシェフや外食チェーンなど「食と農」に関するテーマを幅広く取材してきた。著書に「見えざる隣人」「農は甦る」「コメをやめる勇気」「農業崩壊」。中国の駐在経験も。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン